2010年 WORKS 設計

沖縄科学技術大学院

previous arrowprevious arrow
next arrownext arrow
previous arrownext arrow
Slider

概要

名称

沖縄科学技術大学院大学

業務

ランドプランニング及びランドスケープ設計(造成基本設計/実施設計)

設計期間

2005~2010

竣工

2010.3(第1期)

所在地

沖縄県国頭郡恩納村字谷茶1919-1

規模

222.1ha

事業主

内閣府沖縄振興局

受託者

(株)オオバ

受賞

2019年CLA賞最優秀賞

 

説明

本設計は、大学キャンパスの整備に向け、建築、環境アセスメントと連携し、造成基本設計、実施設計・監理を行うことを目的としたものであり、土木の設計を行ったものである。

 “世界最高水準”などと、誠に口幅ったいが、沖縄科学技術大学院大学(OIST)は、世界に開かれた最高水準の研究・教育を展開する、国際的な研究大学院大学として設立されたものであることから、また、世界的にも貴重な生態系のある土地であったことから、このような大きな目標を掲げた。そして、ランドスケープ技術によって「自然環境を活かした世界に誇れるユニークで魅力的なキャンパス」という要求に応えようとしたものである。

この画面の印刷する際はAwesome Screenshot などのキャプチャツールをご利用頂きますと、形崩れなく印刷できます。併せてご利用ください。

  • 夕陽を浴びる研究棟とブリッジ

    夕陽を浴びる研究棟とブリッジ

  • 明かりの灯る研究棟

    明かりの灯る研究棟

  • 谷地の貴重な生態系を守る研究棟配置とそれらを結ぶブリッジ

    谷地の貴重な生態系を守る研究棟配置とそれらを結ぶブリッジ

  • 森を跨ぐブリッジ

    森を跨ぐブリッジ

  • 自然の中に溶け込む研究棟

    自然の中に溶け込む研究棟